イメージ画像

「酒の湧き出る泉」常盤平駅

常盤平駅(ときわだいらえき)は、新京成電鉄新京成線の駅。1955年(昭和30年)に開業したこの常盤平駅は、千葉県松戸市にある。この千葉県松戸市は千葉県の北西部にあたり、常盤平駅のある地域はその松戸市の東部にあたる。常盤平駅は1955年の開業当時は江戸幕府の牧草地「小金牧」からとられた「金ヶ作駅」という駅名だったが、1960年に常盤平駅に改称された。この地名は1962年(昭和37年)に公募によってえらばれた。
常盤平駅の周辺には住宅地がひろがっており、それとともにTESCO、西友、ビッグ・エー、ココス、くすりの福太郎など、さかんに商業施設の出店があった。すぐ西には「21世紀の森と広場」という広大な森林地帯があり、沼地、森林や千駄堀が保護されている。また、文化会館・森のホール21や、松戸東警察署などもある。南口には常盤平駅ビルがあり、サンドラッグや千葉銀行の支店などが入っている。また、泉から酒が湧き出るという伝説をもつ「子和清水」も近くにある

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ