イメージ画像

五番目に開拓されたから「五香」

五香駅(ごこうえき)は千葉県松戸市にある駅。五香駅には新京成電鉄の新京成線が乗り入れている。五香駅の開業は1955年(昭和30年)。また1960年から入居を開始した常盤平団地や、松飛工業団地が近くにある。五香駅にはかつて新京成電鉄の車両基地がおかれていた。その名残で、今も周辺た駅ビル内には新京成関連の企業が多い。この駅のある松戸市は水戸街道の宿場町として古くから栄えてきた場所で、東京のベッドタウンとして、千葉県内では第3位の人口を誇る。五香駅の「五香」という名は明治時代、この周辺が新政府によって開墾された際に開墾の順序にあわせた地名がつけられたことによる。ほかには初富、二和向台、三咲、豊四季などがある。五香駅西口にはサンロード五香商店街、コナミスポーツクラブ五香などがある。また、五香駅に隣接して建てられている五香駅西口ビルには不動産賃貸の新京成エステート、新京成フロンティア企画、千葉銀行の語格子点などが入居している。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ