イメージ画像

桜並木と古墳の駅・東松戸

“東松戸駅(ひがしまつどえき)は千葉県松戸市にある。この東松戸駅は北総鉄道北総線と
と京成電鉄京成スカイアクセス線の駅。また、JR東日本武蔵野線が乗り入れる東松戸駅も隣接している。東松戸駅はもともと、1991年に北総鉄道(当時は北総開発線)の駅として開業され、その後、1998年にJR東日本の東松戸駅が開業、2010年には京成電鉄スカイアクセス線が乗り入れ、北総鉄道の東松戸駅は京成線との共同使用駅となった。北総線もJR武蔵野線も、当初は計画段階では周辺の地名をとった「紙敷駅」になる予定だったが、のちに現在の駅名に変更された。駅周辺ではもともと土地区画整理事業が進められおり、松戸市役所や松戸市消防局、また東京都立八柱霊園や東松戸ゆいの花公園、紙敷さくら通りなどがある。紙敷さくら通りには471本のソメイヨシノが植えられ、東京都立八柱霊園を通っている。JR武蔵野線の線路沿いには、5世紀後半のものと思われる河原塚古墳がある。”

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ